感染拡大防止ガイドライン

以前 田中支部長よりLINEの連絡網で、稽古時の感染拡大防止の注意点が回覧されましたが、ここに来て首都圏を中心に感染者増が見受けられますので、改めて稽古参加時の感染拡大防止のガイドラインを提示致します。

1、友空会 感染拡大防止ガイドライン(稽古用)以下に該当する方は稽古に参加できません。

・風邪の症状(熱、咳、くしゃみ、倦怠感 等)その他新型コロナウィルス感染の可能性が
 ある症状の出ている方。

・同居家族や身近な人物に感染が疑われる方がいる方。

・感染による重症化を引き起こしうる疾病をお持ちの方。又 家族等に感染による
 重症化を引き起こしうる疾病をお持ちの方がいる場合。

・過去14日以内に海外から帰国・入国した方とその同居人も含む。

2、稽古時、稽古場所での注意点。

・稽古前に必ず自宅で検温を行い平熱より少しでも高い場合は稽古に参加しない。

・基本的に稽古で借りている施設の感染拡大防止策に準ずる事。

・稽古前後での手指足の消毒。手洗いうがいの励行。消毒用アルコールは常備します。 
 稽古中にトイレに行った場合も改めて手指の消毒。

・稽古場所の換気。

・感染の状況を判断し、極力スペースを確保しての稽古を心がける。

・稽古場所では、食べる事は禁止。

・スポーツ庁の通達にあるように稽古中のマスクは、熱中症及び酸欠を考慮し
 外すことは可。着用は各自(保護者)の判断でマスクの対応は行ってください。

・フェイスシールドも各々の判断で装備可能ですが、接触しての怪我には十分に注意してくだ
 さい。希望の方は、会員の方のご厚意で購入可能ですので、ご連絡いただけたらと思います。

 参考: 日本空手協会 稽古再開におけるガイドライン。
     日本空手道連盟 感染拡大防止ガイドライン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください